田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

記事一覧(354)

ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ 若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学(グレン・アーノルド)

ウォーレン・バフェットの投資手法や銘柄分析などを解説した本はたくさんあります。バフェットの投資手法は、一貫性があるようでないような、まるで雲をつかむような話であることが多いという印象があり、なんとも分析しづらい話だと思っています。コカ・コーラやP&Gのような超優良大型株に投資しているかと思えば、投資を始めた資産形成期にはマイナーな小型株を中心に投資をしていたり。例えばバフェットの経営している会社バークシャー・ハサウェイがそもそもそういう対象であったと考えられます。またバリュー投資家と言われていますが、投資指標からは決してバリューだとは判断できないような価格で投資をしていたり。IT企業などのハイテク株には投資をしないと言いながら、最近ではアップルへの投資が目立ったり、アマゾンへ投資をしなかったことを後悔していたりといった話もあります。買ったら永久保有とも言われる超長期投資を好んでいると言われるが、実際はたまに売ることもしているという話もある。果たして何が正解なのか?と思ってしまいます。バフェットの投資本のでは、それらのバフェットが行ってきた投資手法の中から、一部分だけを切り抜いて説明している本もよく見かけます。例えば、比較的最近のバフェットの投資手法を紹介して、コカ・コーラやアメリカン・エクスプレスといった、世界的にも市場を占有しているようなブランド企業へ投資しているのを見て、「どんなにお金を使って起業しても、その会社と同じ立ち位置に立つことは不可能という、大きな堀を作っているブランド企業へ買ったらずっと保有する長期投資をする」といった説明をよく見かけます。ですが、この投資の考え方は、バフェットの投資法として昔からやっていたものではありません。昔投資で大いに稼いでいたころのバフェットは、シケモク投資という、バフェットの投資の師であるベンジャミン・グレアムが、推奨した、正味財産価値よりも低い値段の付いている銘柄の株を買うという方法が主でした。そして、期待通りに株価が上がったら売るというものでした。つまり、バフェットの投資法というのは、最初に言った通り、一貫した投資法があるようでないというのが事実のようです。そこを間違えてはいけないと思っています。実は、まだあまりお金を持っていない資産形成期の投資法と、資産が十分に大きくなってからの投資法というのは、少しずつ変化させていくべきものだというのが、本当の意味でのバフェットの投資戦略なのかもしれないと、最近とても思っています。つまり、資産形成期である我々?が行うべきは、今のバフェットの投資手法ではなく、資産形成期にバフェットが行っていた投資手法を取り入れる必要があるのだろうなという事です。そのことに対して、「ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ」というタイトルです。まさにバフェットの投資手法の変遷を見ていく感じの内容になります。ただ、それよりも、単純に資産形成期のバフェットの投資手法を学びたいということであれば、本書ではなく、「バフェット伝説の投資教室」の方が面白いかもしれませんね。