年末調整ってなに?

年末調整の季節です。

なんとなく、会社に保険の控除証明書や住宅ローンの計算書類を持って行っていませんか?

なんとなく、税金が戻ってきておこずかいになるなんて思っていませんか?

年末調整とは、いってみれば給与収入だけの人の確定申告です。

本当であれば、給与や年金で収入があった人とか、事業や不動産売却などで所得があった人など、所得の発生した国民全員が、2月中旬から3月中旬の確定申告をしなければいけません。ですが、給与所得しか所得のない人は、特別に会社が簡易的な確定申告をしてくれます。そんな制度が年末調整です。

日本には源泉徴収制度があります。

源泉徴収制度とは、給与などを支払う都度、支払う側(会社)があらかじめ決められた税金を差し引いて給与などを払うことをいいます。

このときに差し引かれる税金は、月々の支払金額(給料等)から決定されます。しかし、本来納めるべき税額は、1年間の所得で計算することになっています。つまり、毎月引いてしまうと多く支払っていたり、少なく支払っていたりすることがあります。

そのため、年末調整で正しい1年間の税額を算出して、差額を還付したり、納税したりということをしています。

上手いことに、国は税金の獲りはぐれを防ぐためか、源泉徴収で差し引く金額は少し多めになっています。

つまり、毎回源泉徴収された金額が、本来の税額よりも多くなっているため、還付を受けられることが多いという仕組みになっています。



生命保険と年末調整

年末調整で行う控除の代表的なものに、保険料の控除があります。

正しくは、生命保険料控除と地震保険料控除です。

保険会社から、だいたい10月~11月ごろに保険料控除証明書が送られてくるかと思いますが、その保険料控除証明書に書いてある金額を使って、控除額を計算します。

会社から渡される「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の計算式に従って、自分で計算してみるとわかるかと思いますが、支払った保険料全額が控除されるわけではありません。

しかも、ここで計算した控除額は所得控除といって、計算した金額がまるまる税額から引かれるわけではありません。

実際に減額される税額は、

 「生命保険料控除額、または地震保険料控除額」× 税率

になります。

税率は、課税所得の額が多ければ税率が上がり、少なければ税率は下がるという累進課税制度が採用されているため、人によって変わってきます。

仮に、税率10%(目安:年収300万~500万ぐらい?)とすると。

生命保険料控除額の限度額は8万円(一般と個人年金合わせて)となっているので、

 80,000×10%=8,000円

生命保険に加入して、控除される税額は8,000円ということです。

おそらく、保険料の1月分にも満たない人が多いのでは?



田仲 幹生

ⅭFP(ファイナンシャルプランナー)資格認定者、1級FP技能士、個人投資家

外資系の生命保険会社で営業を行い、後に税理士事務所に勤務、2016年から今までの経験を生かしながら、投資活動および資産形成を主な目的としたFP業を行っていきたいと思い独立。

0コメント

  • 1000 / 1000