ついにビットコインが、1BTC10万円突破!

ビットコインの価格が、10万円(1BTC)を突破しました。

昨日、96千円(1BTC)になったなんてブログに書いたばかりですが、すでに遠い過去のようです。

たいして、ドル/円は117.5円/ドルぐらいのところを行ったり来たりしている感じで、特に円安になっているわけでもなさそうです。こういうところを見ると、やはりビットコインとドルとの相関性はあまりないのかな?と感じます。

ビットコインと金には相関性があってもいい気もするのですが、昨日の金は下落となっているので、やはりこちらにも相関性は見られないのかな?という気がします。

というよりも、金は11月から一方的に下落し続けていて、ビットコインは逆に上昇し続けていることを考えると、逆相関である可能性はありますね。

ビットコインとは?という説明をするときに、よく金の話が出てきます。

ビットコインと金には、総量に限界があります。ビットコインは総量が2100万コインと決められています。それ以上は発掘できなくなっています。金も地球上の金の量には限界があります。

この量の限界が、そのものの価値を担保しているとされています。

(この辺のことから考えると、正の相関関係があってもいいような気がするんですが・・・。)

貨幣には、価値の貯蔵、交換可能、持ち運びができるなどの性質が必要になります。

金には総量に限界があるなどの希少性、腐食しないという特徴から、価値を貯蔵するのに便利です。また、金属という個体であるため、持ち運びができて、ものと交換することも楽です。なかなかこれほどの機能を持ち合わせた物質はないですよね。

これが、大昔から金が貨幣として使われてきた大きな理由でしょう。

そして、今登場したビットコインは、その金と同じような性質を持ち。なおかつ金よりも持ち運びが楽。交換に至っては、ビットコインを持ち歩かなくても世界中で取引できる。

となっています。

貨幣としての機能は、間違いなく金以上です。

たいしたもんです。

金ではなくビットコインに人気が集まるのもわかる気がします。


あせっとびるだーず

投資会社、FP会社

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000