ドル建ての保険ってどうなの?

2017年4月に金融庁が設定している標準利率が変更され利率が下がることになっています。

これによって、保険商品の予定利回り低下の可能性があり、ますます終身保険や養老保険、個人年金保険などといった貯蓄型生命保険が使いにくいものとなる恐れがあります。

そうなると、次に注目されるであろう保険商品は、今人気の外貨建て保険、特にドル建ての保険になってくるのかもしれません。


ドル建て保険の特徴と注意点

保険料、保険金、解約返戻金等がドルになる。

保険料がドルになるということは、円高になれば保険料が低くなり、円安になると保険料が高くなることになります。

また、保険料と同様に、円高になれば円で受け取る保険金や解約返戻金は減ることになり、円安になると円で受け取る保険金や解約返戻金は増えることになる。

ドルで運用されるため、国内での運用よりも高い利回りが期待できる。

ドル建ての保険は、米国の公社債などで運用されることになるため、国内の債券で運用するよりも高い利回りが期待できます。この利回りの高さがドル建て保険の魅力とされているようです。

為替手数料が発生する。

生命保険にかかる通常の手数料の他に、為替手数料も発生することになります。為替手数料とは、円からドル、ドルから円に替える時に発生する手数料のことで、ドル建て保険の場合、保険料を支払った時と保険金や解約返戻金を受け取ったときに発生することになります。


ドル建ての保険は必要か?

普通の保険より高い利回りが期待できることが魅力のドル建ての保険ですが、個人的な意見としては、あえてドル建ての保険に加入する意味はないのではと思っています。

保険として加入する意義

日本に住んでいる以上、生活していくうえで使われる通貨は、通常「円」です。保険に加入する一番の目的は、万が一のことがあったときに、遺族の生活を保障することです。生活していく上で使われる通貨は円なのに、それをわざわざドルで用意する必要があるのだろうかと考えると、ドル建ての保険を使うことに疑問を感じます。

よく、ドル建ての保険はインフレに強いので、生活物価が上昇した時の備えとしてドルで持っていたほうがいいと説明をうけることもあるかもしれませんが、その理由は、原油などの資源を輸入に頼っている日本では、円安ドル高になると、生活物価が上昇してくることが考えられるため、円安ドル高に備えておいた方がいいという考え方からきているのではないかと思います。

しかし、現実はそうとも言えない所があります。その一つに、為替には購買力平価という考え方があります。購買力平価を説明するにあたってよく出でてくるのものにビックマック指数というものがあります。ビックマック1個の値段が、米国では1ドルで売られていて、日本では、ビックマック1個が130円で売られていたとしたら、1ドルは130円になるだろうという考え方です。

つまり、日本でインフレ(例:ビックマックが150円に上昇)が起きても、米国でそれ以上のインフレ(ビックマックが2ドルに上昇)が起きたら、たとえ日本がインフレであっても、購買力平価説の説明では、円高ドル安(1ドル130円から1ドル75円へ)になってしまうということになります。

そうなると、ドル資産に日本のインフレに対しての耐性があるわけではないという説明もできます。現に、日本では長いことデフレ基調ではあるけれど、米国ではインフレになっているせいか、超長期で見ると日本のデフレ具合以上に大幅な円高ドル安に推移しています。(1970年代は1ドル360円ぐらいだったものが、2016年は110円台になっている)

あえて、ドル資産でインフレに備えるというのであれば、日本で物価が10倍、20倍になってしまうようなハイパーインフレが起こって、米国以上のインフレとなった時が考えられます。しかし、もしそんなことになれば、日本の国債が大暴落となるのでしょうから、日本にある保険会社はとんでもないことになる可能性が考えられます。(日本の保険会社は大量の日本国債を保有しています)つまり、ドル資産で日本のハイパーインフレに備えるのであれば、保険ではない他の資産で備えるほうが賢明だと考えます。

資産運用としてのドル建て保険

金融商品を使って資産運用をする上での基本として、「コストに敏感に」ということがあります。そして、保険商品というのは、数ある金融商品の中でも圧倒的に高コストな商品です。つまり、その時点で資産運用に使うには向いていないことになります。

また、資産運用の基本に分散投資という考え方もあります。しかしドル建ての保険は、ドル資産のみという分散効果がほとんどないものです。外貨の公社債で運用したいのならば、世界中の債券に投資するような通貨分散の効いた投資信託などを使ったほうのがはるかに有効です。

さらに言えば、為替変動のリスクはなるべく避けたほうのが、リスクとリターンのバランスが良くなるという話もあります。米国の資産へ投資をするのであれば、ドル/円の変動を相殺する機能をもった(ヘッジ効果)を持ったものを選ぶことも検討したほうがいいくらいです。

さらに資産運用に向いていない点は、ドルコスト平均法が使えない点です。ドルコスト平均法とは、価格変動(ドル/円など)のあるところへ投資する場合に、毎月など定期的に一定額を積み立てることで、平均購入単価を引き下げること目的とした投資戦略です。一時払いのドル建て保険ならばともかく、毎月保険料を支払うことになるのであれば、ドルコスト平均法を使いたいところなのですが、ドル建て保険は、円安のときには保険料が高くなり、円高のときには保険料が安くなるといった設計なので、支払額が定額化されておらず、ドルコスト平均法になっていません。

これらのことから考えると、ドル建ての保険はとても資産運用には使えません。というよりも、資産運用を目的として作られていないといった感じです。

ドル建ての保険の利回りが魅力的に見えても、やはり保険は保障だけ、貯蓄は別の金融商品でと分けて管理したほうのがいいと思います。


0コメント

  • 1000 / 1000