堅実な貯金計画!と貯金に対する目的意識

何気なく使いながら、余った分を貯金しようと思っているけれど、あまり貯金ができていない。

できるだ節約をして頑張っているのに、成果を感じられない。

どのくらい貯めればいいのか目標設定が曖昧で計画通りに進まない。

貯金するというけれど、なかなか難しものです。


貯金できる人と貯金できない人

高所得者でも貯金ができない人がいれば、低所得なのに貯金ができる人もいます。

貯金ができる人は、計画的に目標を定めて、貯金しているのかというとそうでもない場合もあります。逆に家計簿をつけてしっかりお金の管理をしているのに貯金ができない人もいます。

貯金をするためには、クレジットカードは使わない方がいいなんて話もあれば、クレジットカードは明細が出るし、一ヶ月の支出額が把握しやすいのでぜひ使うべきだという人もいます。

そうなってくると、貯金ができるようになるためには、いったい何をすればいいの?と思うかもしれません。

結局のところ、貯金ができるかできないかは、その人の目的意識次第なのではないかと思います。


貯金をする目的って

貯金をしても、使わないで置いておくだけになってしまっては、個人的にも社会的にも、意味のないことなのは確かです。お金は使われて初めて価値が認められるものです。使われなければただの数字です。

しかし、資産を形成するためには、貯金から始まることは紛れもない事実です。貯金のできない人に資産を形成することはできません。ただ間違えて欲しくないのが、資産を形成することと貯金額が多いことは、決して同じ意味ではないということです。

資産とは、資を産むと書きます。つまり、お金を生み出す力を持つものを資産と言います。ずばり言えば、債券と利息、株式と配当金、不動産と賃貸収入などです。資産を形成するという意味は、お金を生み出すものを多く所有するということです。

資産が増えていくことで収入がどんどん増えていきます。そうなると、使える金額も増えていきます。貯金をする目的には、将来の収入を増やすことと関係があると考えます。


今あるお金を今使ってしまうのか?

今あるお金は、未来の収入を増やすために使うのか?

働いているだけでは収入が増えない時代になりました。それでも私たちは収入が増えていくことを願っています。

資産形成は、その願いを叶える一つの手段です。そして資産を形成するためにできる、はじめの一歩が貯金です。

貯金とは今を我慢して、未来へ投資する行為なのかもしれません。

株式投資で資産を形成している人には、貯金ができる人と似たところがあるように思います。かといって貯金が多いかは疑問ですが。

株式投資をしている人のほとんどは、株式を買うことが好きです。お気に入りの会社や、気になる会社があると、買いたくなります。目の前にある魅力的な商品を購入するのを我慢してまで株式を買っていたりします。その結果、いつの間にか資産が大きくなっていたという人も多いのではないかと思います。

また、つい夢を見て宝くじを買ってしまうこともあるかと思いますが。株式投資をしている人には、宝くじを買うくらいなら、あの会社の株式を買いたいと考えていたりします。株式投資は宝くじとは違いギャンブルではありません。購入すれば、それは資産として、基本的には高い確率で将来の収入につながります。

熱心に貯金に取組む人とほとんど似たような発想です。

結局のところ、貯金ができるということは、何を優先しているのかがはっきりしているからなのかもしれません。


富豪が行っていた「4分の1貯金法」

昔、日本に本多静六という富豪がいました。その本多静六が行っていた貯金法が「4分の1貯金法」です。

原理は単純です。収入の4分の1を貯金します。月の給与収入が30万円の収入ならば、月7.5万円です。賞与などの特別な収入は全額貯金します。

そして貯金したお金で資産を購入します。本多静六は株式を購入していました。

購入した資産から配当金などの収入が入ったら、給与の30万円に加えて、さらに4分の1して貯金します。

そして蓄えたお金で、また資産を購入します。そうすると、資産が生み出すお金がさらに増えます。

そしたらまた、給与に加え、4分の1します。

これを延々と繰り返すわけですが。繰り返せば繰り返すほど、資産が増え、収入が増え、使えるお金も増えていくことになります。

これをそのまま同じことをしなかったとしても、貯金をすることから、資産が増え、収入が増え、使えるお金も増えていき、生活が豊かになっていくという仕組みがわかりやすいのではないかと思います。

貯金をする目的とは、本来であれば、こういった仕組みを作り上げていくことなのかもしれません。

0コメント

  • 1000 / 1000