投資指標、PERとPBRどっちが大事?

株式投資をするときに参考にする投資指標として有名な、PERとPBR。ともに、株価が割安か割高かを調べる指標として使われています。

どっちを使う?どっちの指標を重視する?なかなか難しい問題です。

結局、投資のスタイル、投資戦略ごとに選んだり重視したりする投資指標も変わってくることになります。


PERとPBR

どちらも割安株を見つける投資指標として使われていることや、文字もEとBしか変わらなかったりして、同じもののようにも感じてしまいます。

しかし、PERは株価と企業の収益、PBRは株価と純資産を比較したもので、意味合いは少し違ってきます。

PER

PER=株価/1株当たりの純利益

1株当たりの純利益には、予想純利益が使われていたりします。

その場合、予想ということは、外れることもあるということです。予想を高く見積もっていればPERは割安感が出てくるし、低く見積もっていればPERは割高感が出てきます。

それと、企業の利益は、経済環境の変化や事業の状況などによって大きく変化することがあります。なので、PERが割安だと思って投資したのに、事業環境が急激に変化して、いつの間にか割高になっていたなんてことも起こります。

つまり、ある程度今後の事業状況や利益の見通しができていないと使いづらいところがあったりします。

PBR

PBR=株価/1株当たりの純資産

純資産とは、企業が保有する現預金や機械、土地建物、有価証券などの総資産から、銀行などからの借入金、仕入れ先にこれから支払う予定の買掛金などの負債を引いた残りのことです。

純資産の他に、自己資本とか、株主資本などと呼ばれています。

純資産とは、企業の保有する資産の内の株主の取り分という考え方もできます。

つまり、企業が保有している資産の内の株主の取り分に対して株価はどの程度にあるのかという指標がPBRになります。

PBRが1倍となっている場合には、企業の資産の中の株主の取り分と株価(時価総額)が同じということになり。仮に企業がすべての事業をやめて資産を清算した時には、株主には株価と同じ金額が戻ってくるという考え方になります。

ただし、指標の計算に使われている数字は、基本的に簿価を基準としています。

例えば、機械を購入した場合、取得した時の価額(取得価額)が簿価に載ることになります。そして、年々減価償却と言って、使用価値の減少した分を減らして数字が作られています。

ここで計算された数字は、この機械を第三者に売る場合の金額とは違うというところが注意点です。ちなみに第三者に売る場合の金額を時価と言いますが、つまり簿価と時価は違うことになり、本当に事業をやめて清算した時の金額とは全然違ってくる可能性があることになります。

また、ブランド力など数字にならない企業の価値もあるため、本当の価値にすると、企業に簿価よりも高い値段が付くこともあります。

そうなると、PBRが1倍以上だからとって割安ではないとは言い切れない場合も考えられたりします。

結局PBRには、企業の持つ資産を正しく見積もるということが難しいところがあることになります。


投資指標は、投資スタイルでどちらを重視するかが変わります。

簡単に言ってしまうと、PERは短期志向、PBRは長期志向というところがあると感じています。

実際に、長期投資をする場合にはPBRで割安度を調べて投資をした方が成績が良くなるというデータもあります。

長期投資とは、バイアンドホールドとも呼ばれる。一度買ったら、数年数十年という単位で保有を続ける投資スタイルです。

PERとPBRは、株価と比較する対象が、利益と純資産という違いがあります。

そして、利益は短期的に大きく変動することがありますが、純資産は短期的にはそれほど大きく変動しづらいものです。この性質がPBRが長期投資に向いている理由なのかもしれません。

逆に、短期での変動をとらえるためには、あまり変動しない純資産を基に考えるよりも、短期的に変わることがある利益を中心に考えた方がよくなります。

つまり、スイングトレードなのどの数ヶ月から長くても2,3年程度の期間で売買を繰り返す時には、PERのほうが向いていると言えます。

結局、投資指標とは、こっちの角度から見たらどう見える?そっちから見たらどうなる?というものを調べるものであって、決してこの指標を使えば儲かる可能性が高いというものではないということです。むしろ複数の投資指標を見ながら投資するかどうかを考えることになります。

まずは、自分の投資するスタンス、戦略、方法などをある程度決めてから、どの指標を使い重視していくのかを決めた方がいいということになります。




あせっとびるだーず

投資会社、FP会社

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000