長期投資ってどのくらいの期間で考えればいいの?

資産運用の話になると、長期投資や短期投資といった言葉を聞くことがあるかと思います。

よく、長期投資を勧められることが多いかと思いますが、長期投資ってどのくらいの期間を想定しているのでしょうか?


長期投資に関する誤解?

長期投資というと、長期間保有することだというイメージがあるかと思います。

例えば、トヨタ自動車の株式を購入して、何十年という単位で保有し続けるといった話です。

著名投資家のウォーレン・バフェットは、そういった優良企業が安くなった時に買ってできれば永久保有が理想という投資法で資産を築いてきたとして有名です。

確かにその投資の仕方は間違っているとは思いません。

ですが、長期投資という言葉には、もっと違う意味があると考えています。

長期投資とは、長期間保有するというよりも、長期間投資を続けるという意味だと思っています。

長期間投資を続けるというのは、長期間保有するのとは違い、適度に売買なども繰り返しながら、長期間市場に居続けることも、一つの長期投資のあり方なのではないでしょうか?

極端な話、デイトレードのような超短期の投資法でも、一時期だけ市場に参加するのではなく、デイトレードを長期間続けられれば、それも一つの長期投資なのかもしれないと思っています。

投資の世界は、確率がものをいうところが大きいと感じています。

そして、その確率通りの結果を出すには、たくさんの事例が必要なことがほとんどです。

長期投資とは、たくさんの時間をかけて、たくさんの事例に遭遇することで、最終的には統計で出された数字(確率)に近づいていくものなのだと思います。

現実には、取引ごとに発生する手数料や、感情による判断ミス、作業に係る手間などを考えれば、長期投資をするにあたって、一番いい方法は、長期間保有するという結論になるのでしょう。


長期投資の期間ってどのくらいで考えればいいのか?

長期投資の期間について、10年とか20年とかの数字を挙げる人もいるようですが。

おそらく、「期間なんてない」が正しい答えだと思っています。

長期投資を始めたら、期間なんて考えてはいけない。死ぬまで、いや死んでも子や孫が引き継いで投資をし続けるぐらいに考えた方がいいと思います。

株式投資の場合には、10年に1度くらい資産が30%~40%減るときがあります。

そして、それはいつ来るかわかりません。また、最悪の場合には半分以上を失うことも十分にあり得ます。

たとえば、今から10年位前に起こったサブプライムショックからリーマンショックになった金融危機では、日経平均株価は60%以上の下落に見舞われています。

期間を定めてしまうと、定めた期間の最後で、こういった大暴落が起こった場合、手にしていたはずの資産の大部分を失って終わってしまいます。

期間を定めない長期投資ならば、こういった大暴落の時にも、投資を続けることで、数年後には減らした資産を回復し、さらに増やすことができたりします。

(リーマンショック後、日経平均が暴落前の価格に戻ったのが、2014年後半、その後は今のところ暴落前の水準で推移中、日経平均の配当金が1%~2%あることを考えると、さらに早い段階で資産を取り戻していたと考えられる。)

つまり、下手に何年間という縛りを設けて資産運用をしようとすると、運が悪い場合には失敗して終わることも十分にあり得るということです。

投資を始めたら、今後永遠に投資をし続ける覚悟をもって始めることが大切だと考えています。


長期間の投資をしていたら、使えるお金がないのでは?

期間なしで延々と投資をしていたら、せっかく貯めたお金を使う機会がなくて終わってしまうのでは?という疑問もあるかと思います。

お金を最終的に使うことを考えて投資をするのであれば、投資などはせず、そのままお金で保有しておくか、資産形成を考えず、とりあえずインフレに負けない程度の、資産を守る運用に徹する方が正解だと思います。

長期投資で目指すところは、資産が生み出す収益を増やすことです。

つまり、長期投資で投資したお金は一切手を付けず、使うお金は、資産が生み出す収益のみというところが目標になるわけです。

資産とは、資を産むと書きます。つまりお金を生み出してくれるものが資産です。

資産を買うとは、お金を生み出してくれるものを買うことです。

わかりやすく例えれば、『お金を出して、にわとりを買って、にわとりが生んだ卵を食べる。』といったことになります。

この場合、資産がにわとり、資産が生み出してくれるものが卵になります。

株式にしろ、債券にしろ、すべてが円やドルといった通貨単位で常に表されてしまっているため、株式とお金の区別がつきにくくなってしまっているのが問題なのかもと思っています。

不動産で考えれば、賃貸収入目的で購入した不動産は、今いくらで売れるのかは2の次で、不動産とお金とが切り離された感覚になります。意識するとこは、家賃収入などの不動産が生み出す利益になってきます。

本当ならば、株式も同じような感覚であるべきなのだと思います。

株式はお金ではない。

長期投資とは、資産を増やし、資産が生み出す収益を増やしていくことで、将来使えるお金を増やしていくことを目標とした行為だと考えます。





0コメント

  • 1000 / 1000