ビットコインを使ってみたい、どうやって手に入れる?

約1年で3倍ぐらいに値上りしたり、仮想通貨法というビットコイン決済やビットコインを売買できる仮想通貨取引所の規制に関する法律ができたり、ビックカメラなどの大手小売業などもビットコイン決済を導入したりと、ビットコインが活躍する場面がどんどん広がっています。

さらに、東京オリンピックに向け、海外からの旅行者の利便性を考え、さらにビットコインが使用可能な場所を増やしていこうという流れがあるという話も聞きます。

そこで、自分でもビットコインを使ってみたい。手に入れたいと考える人もいるかもしれませんが、どうやって手に入れたらいいのでしょうか?


仮想通貨取引所で購入する。

ビットコインを手に入れるのに一番手っ取り早いのが、仮想通貨取引所に口座登録をし、ビットコインを売買することです。

ビットコインが取引できる国内の取引所として最も大きなシェアを持っているのは、『bitFlyer』です。他にも『coincheck』『bitbank』などの取引所があります。

国内のビットコイン売買の約半分は『bitFlyer』で行われています。

『bitFlyer』には、みずほフィナンシャルグループやリクルート、第一生命など名だたる有名企業が出資していることなども、取引所としての安心感につながっているのかもしれません。

『bitFlyer』では、お金(円)を入金してビットコインを購入するほかに、クレジットカード決済を使ってビットコインを購入することもできます。さらに、クレジットカード決済の場合には毎月定額購入といった、積立型の購入も可能になっています。(『bitFlyer』だけでなく他の取引所でもクレジットカード決済はできるようです)

また、『bitFlyer』では、ビットコインをコールドウォレットというネットにつながっていないところに保管していて、外部からのハッキングなどでビットコインを失うことがないようにという工夫がされているそうです。(『bitFlyer』だけでなく他の取引所でも同じような方法を使っています)

『bitFlyer』などの仮想通貨取引所は、ただ単純にビットコインを売買するだけでなく、ビットコインの保管なども行ってくれるほか、アカウントからの送金、受取などもできるようになっていて、イメージとしては取引所というよりも銀行に近い感じです。(ビットコインアドレスというものがあり、それを使ってビットコインの送付、受取を行う)

ビットコインが普及したら、銀行口座はいらなくなるという話もあるそうですが、使ってみると確かにそう言われるのもわかる気がします。

さらに、スマホアプリなどでビットコインウォレットというものがあり、そのビットコインウォレットをつかってビットコインの保管、送付、受取ができるので、感覚としては、スマホが財布であり銀行になってしまうような感じです。


取引所で購入する以外のビットコイン入手法

ポイントとして手に入れる

ビットコインを円をつかって購入するのはまだちょっと抵抗があるという場合には、ポイントサイトなどを使って、ポイントを貯め、そのポイントをビットコインに替えるという方法もあります。

ただ、この入手法を使う時にも、仮想通貨取引所に口座を開設する必要はあります。

例えば、『bitFlyer』の場合には、Gポイント、ポイントインカム、ポイントタウン、モッピーなどのポイントが交換の対象となっています。

他には、クレジットカードのライフカードのポイントが『bitFlyer』でビットコインに替えることができるようになっています。

また、『bitFlyer』は、自身でポイントサイトのようなものをやっていて、そこを経由して買い物したり、クレジットカードを発行したりすれば、ビットコインがもらえるようになっています。

最近『楽天市場』が対象になったことで、よりビットコインをもらえる幅が広がりました。

友人知人から受け取る

ビットコインはビットコインウォレットを使うことで、取引所などを通さなくてもビットコインの送付や受け取りが可能です。

例えば、すでにビットコインを持っている友人から直接ビットコインを送付してもらうといった方法です。

ビットコインのやり取りには、ビットコインアドレスというものを使います。受け取る側が、受取ためのビットコインアドレスを教えて、送付する側から送ってもらうようにします。

イメージとしては、銀行口座を教えて振り込んでもらう感じと一緒です。銀行振り込みとの違いは手数料がかからない(かかったとしても比較にならないほど安い)ことです。

ビットコインアドレスは結構長いものになっているので、簡単に覚えられるものではないので、ほとんどの場合、ビットコインウォレットにあるQRコードを使って送付や受け取りをするようになるかと思います。

ビットコインのすごいところは、ビットコインアドレスがあれば、世界中のどこでも、誰とでも、送金、受取ができるところです。しかも手数料がほとんどかからない上に、数時間で反映されるという速さです。

銀行口座を持っていない人とでも、スマホなどがあれば多額の資金のやり取りが世界中どこででもできてしまうということです。

逆にこのようなビットコインの優れた特性を生かして、詐欺行為?を行うことも増えているようです。

例えば、超高利回り投資としてHYIP(ハイプ)という投資が、盛んにおこなわれていますが、ほとんどのケースがビットコインを使ったやり取りです。

世界中のHYIP業者が、ビットコインを使うことで、世界中から募集を呼び掛けることができるわけです。


ビットコインを持つに当たって

ビットコインは、仮想通貨取引所に口座を作る、またはスマホにビットコインウォレットアプリを入れる、もしくはその両方をすることで、意外と簡単に入手することは可能です。

ビットコインを入手する方法の中で、クレジットカードを使った購入のことを言いましたが、この方法はあまりお勧めできないかなと感じています。

理由は手数料が高いことや、購入価格が高くなってしまうところです。

『bitFlyer』の場合、A:取引所経由(ビットコインを持っている人同士で売買する方法)、B:円で入金して『bitFlyer』から直接購入する方法、そしてC:クレジットカードで『bitFlyer』から購入する方法、の3通りがありますが。

手数料で見ると、Aが最も安く、B、そしてCの順で高くなっています。

しかも、Bで取引する場合、買値と売値に数千円(1BTC)という、無視できないほどの大きな開きがあります。まだビットコイン取引の流通量が少ないためか、スプレッド(売値と買値の価格差)が大きくなりやすいのかもしれません。

そしてCは、その価格差にさらにクレジットカード手数料が乗ってくるイメージです。ちょっと高すぎるぐらいかもしれません。

簡単に入手法できるからと言って安易に手を出すのではなく、できるだけ安く買える、手に入れられる方法を考えてみるのをお勧めします。

0コメント

  • 1000 / 1000