不労所得は幻想か!?

働かずに収入を得る。

そんなおいし話があるわけがない。でも誰もが一度は考えたことがあることだと思います。

働かずに収入を得るという不労所得を得ることは本当にできるのだろか?


不労所得とフリーランチ?

不労所得と似た言葉にフリーランチという言葉があります。

フリーランチとは、いわるゆタダ飯ということですが、おそらく、不労所得というのは実際にあるが、フリーランチはないというのが正解のような気がします。

所得の得かたには、何通りかの方法があるようです。

「金持ち父さん、貧乏父さん」を書いたロバート・キヨサキ曰く、お金の稼ぎたには、4つのタイプがあると言っています。

E(employee 従業員)

S(self employee 自営業、起業)

B(business owner ビジネスオーナー)

I(investor 投資家)

この4つのタイプすべてが労働を必要としているわけではありません。上から2つのEとSが労働を必要とするタイプで、BとIは労働を必ずしも必要としないタイプになります。

つまり、お金の稼ぎ方には労働を必要としない稼ぎ方が実際にあるということになります。

私が初めて「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだときには衝撃的でした。お金を稼ぐには、働かなければいけない。そう教わってきたからです。

労働の定義をどうとるかですが、自分の時間と労力を提供することでお金を稼いでいる人と考えると、BとIは確かに、時間に縛られることもなく、労力を提供しなくてもお金が入ってくる仕組みを持っています。

しかし、BとIがフリーランチかというとそうとも言い切れません。

BとIは時間と労力を提供する代わりに、他のところで社会に提供しているものがあると考えられるからです。

だから、労働を必要としない不労所得はあるが、フリーランチはないということになるわけです。


稼ぎ方の違い?

E(employee 従業員)は、自分の持っている時間という資産を売ることで収入を得ています。そして、その人の能力やスキルなどに応じて、時間単価に差があり、収入の多い少ないに影響していると考えられます。

S(self employee 自営業、起業)は、時間を売るだけではなく、仕事の内容、取引先に与えた利益に対して収入が入ってくるところが、Eとは違いますが、基本的には労力を提供するという点では同じだと言えます。

B(business owner ビジネスオーナー)は、仕組みを売っているという感じです。他の3タイプに比べるとわかりにくい印象ですが、仕組みを作り上げ、その仕組みを使う人などから収入を得ているといった感じです。

I(investor 投資家)は、リスクのあるところに資金を提供することで権利収入を得ています。Bと同じように労力を必要としていません。

4つのタイプの内どれがいいとは言えませんが。それぞれが収入を得るための根本的な立ち位置が違っていて、それぞれのタイプで背負っているリスクや必要なスキルもまた違っているということです。

不労所得と言えば、BとIになりますが。

Bには、仕組みを作り上げ、その仕組みが広く使われるようにならなければいけないというリスク(不確定要素)があります。

Iには、投資先がちゃんと利益を上げてくれるかどうかというリスク(不確定要素)があります。

BとIのリスクは、EやSのものとは全く別ものですし、EやSにはあまり関わりのないリスクかもしれません。BやIは、EやSでは取らないようなリスクを他の人(EやSなど)に代わって負うことを提供しているため、労力を提供せずに済むということなのかもしれません。


BやIもフリーランチではない!

BやIが不労所得を得ていることは間違いありません。しかし、不労所得とフリーランチを一緒だと見てしまうと、BやIのように不労所得を得ることはできないと思っています。

特にIなどは、資金を提供するだけで、利息や配当などの収入を得ている事から、フリーランチだと思われている節があるように感じます。

しかし、Iになるためには、多くの資産が必要とされ、また資産を減らしてしまえば収入が減少することになってしまうため、リスクの扱い方などを勉強し、研究し続けなければいけないところがあると思っています。他にも投資先の勉強や、税法などの法律、金融、数学、人の心理など沢山の知識を身につけていかなければ、Iとして自立することは難しいのではないかと感じてます。

BやIタイプの人たちは、セミナーに積極的に参加していたり、月に何冊もの本を読んでいたりする傾向にあるようです。それだけ、情報収集と勉強には時間とお金をかけているということかもしれません。

活字が苦手、本なんて1年に数冊も読まない。勉強は嫌い、数字も苦手。そういうタイプの人は、BやIタイプの稼ぎ方は向いていないのかもしれません。

著名投資家のウォーレン・バフェットが、学生に「毎日500ページ読みなさい。そうやって知識を築きあげるのです」という助言をしたというエピソードがあります。

毎日500ページ読むことができる人なんてどれだけいるのでしょうか?(時間とは別に)

このことから考えても、Iは不労所得ではあってもフリーランチではないということがわかります。

それにIとして自立するためには、自分の資産のほとんどをリスク資産にしなければいけないということもあります。余裕資金で運用しようなんて考えでは、Iとして自立するのは難しい(できない)と思っています。

ほとんどの資産がリスク資産ですから、ちょっと間違えれば、再起不能になるくらいの資産を失ってしまう可能性だって十分にあります。

Iとは、そうやってお金を稼いでいる人たちだと思っています。


不労所得を得るために。

不労所得であるBとIで比較すれば、Iの方がEである従業員でも、自立とまではいかなくても行いやすいかと思います。つまりEとIの兼業です。収入の内一部分でもIタイプから得ることができるようになればということです。

それでも、Iからの不労所得を得られるようになるためには、様々なところからの誘惑が待っています。

銀行や証券会社などの金融機関、儲かる情報を教えると言ってくる情報屋や投資顧問などなどです。そういった人たちすべてが悪いわけではないですが、それらの人たちのほとんどは、EやSタイプの人たちです。

どちらかというと、BやIからお金をもらうことが仕事であるため、BやIのためになる話ばかりしてくれているとは言えません。

むしろ、この人たちは、BやIになりたいと考えている人たちに近づいて、うまく話をしてお金を預かり、そこから収入(手数料)を得ようと考えていることの方が多かったりするそうです。(外交員などの営業している人本人はそういうことをしているという自覚もないかもしれないけど)

(保険外交員は、金融音痴??)

(投資家のヨットはどこにある?プロにだまされないための知恵)

金融機関などは、そういう仕事を通して、EやSの収入を得ているということなのかもしれません。

つまり、兼業とはいえ、Iタイプで収入を得たいのならば、本を読むなどして自分で勉強し研究していくことが必要になるということです。


0コメント

  • 1000 / 1000