お金って一体なんだろうね?

お金のことで悩んだりしたことない人って、ほぼいないよね。

「命の次に大切なものは、お金だ」なんて言っている人いるよね。

「お金さえあれば、なんでもできる」なんて考えている人もいそうだよね。

お金、お金、お金、お金っていったい何なんだろう??

お金持ちって、どんなイメージですか?

預金残高に1億円ある人ですか?

「あの人は、結構お金を貯めているぞ!おそらく銀行口座に1億円ぐらいはあるかもしれない」という人と。

「あの人、そんなに裕福そうには見えないけど、家賃収入などで、年間400万円ぐらいの安定した収入があるから、自分のやりたい仕事をして、好きな時に休んで、たまに旅行したりしているみたいだ」という人。

どっちになりたいと思いますか?

おそらく、後者を選ぶ人って結構いるんじゃないかと思うんですが。

正直年間400万円では、お金持ちとも言えないし、高所得者とも言えません。ちなみに、日本の会社員の平均年収は400万円前後らしいですから、実に平凡な年収です。

それでも、質素な生活を心がければ、生活に困るほどでもないし、多少節約すれば、海外旅行にだって行けそうです。

さらに言えば、安定した収入がほぼ確実に、来年も再来年もその先もずっと見込めるのならば、無理に貯蓄に励む必要もないわけですから、支出額でいえば、そこそこの金額を使うことができるのでしょうね。

そう考えると、私たちは、お金持ちに憧れているわけではなく、お金に縛られない、経済的自由を手に入れることに憧れているのかもしれません。

もし銀行預金に1億円、2億でも3億でもいいですが、たくさんのお金があれば、経済的自由になれるのか?

おそらくなれないでしょうね。

銀行預金では、ほんのちょっとの利息しか付かないし。使えばなくなってしまうものだから。

サラリーマンの一生涯の稼ぎは、2億円とか言われています。

つまり、3億円のお金があれば、一生働かなくても十分なお金があることになるわけですが。

仮に今3億円あって、そのお金を取り崩しながら生活していくことを想像すると。

年々減っていく銀行口座の残高を見ながら、安心してお金を使うことができるのだろうか?

無理だろうなぁ。

減っていく口座残高のプレッシャーに耐えられないでしょう。

ほとんどの人が3億円の残高を維持したい。そう考えるんじゃないかなと思う。

銀行口座に3億円あるようなお金持ちになっても、結局お金の悩みからは離れられない。

こういっては何だけど、コツコツお金を貯めていっても、使えなかったら結局意味はないように思えてきます。

お金ってそんなものなのかもしれません。(お金に対して悪口を言っているわけではないですよ。)

だから、経済的自由に憧れる人たちは。

お金を貯めるのではなく、投資ということをしているんだと思います。

投資した先が、たとえ暴落して買った時の価格で売れなくなったとしても。(それは嫌ですが。)

その投資先が、毎月でも毎年でも安定してキャッシュを生み出しつづけてくれるものなら。

そのキャッシュの範囲内で使っていけばいいわけです。

もし使い切れず余ることになれば、その余りをさらに投資することで、次はもうちょっと多くのキャッシュを手に入れられるだろうから、さらに使えるお金に余裕が出てきます。

そういうことを繰り返していくと。

あれ?この人お金なんてほとんど持ってないじゃん!

「お金」持ちってなんなんだろうね?

目指すべきは、お金持ちではなく、資産持ちなのかもしれないですね。

(不労所得は幻想か!?)






田仲 幹生

ⅭFP(ファイナンシャルプランナー)資格認定者、1級FP技能士、個人投資家

外資系の生命保険会社で営業を行い、後に税理士事務所に勤務、2016年から今までの経験を生かしながら、投資活動および資産形成を主な目的としたFP業を行っていきたいと思い独立。

0コメント

  • 1000 / 1000