仮想通貨イーサリアムが分岐する?イーサリアムゼロの誕生?

ここのところ他の仮想通貨と比べて、なぜかイーサリアムが元気だなと感じていましたが、どうやら近々新しいコインが付与される分岐が行われるという話があるようですね。

あいかわらず、分岐による新コイン付与の話が出ると、相場が上昇するという流れは続いているようですね。

この流れが顕著になったのは、ビットコインからビットコインキャッシュが分岐して付与されたときからです。

当時、ビットコインが分岐したら、ビットコインと分岐した新しいコインでビットコインの時価総額を分け合うことになるから、利益が出るようなことにはならないのではないかなんて意見をよく見かけたのですが、ふたを開けてみると、分岐してもビットコインの価格は下落せず、ビットコインキャッシュだけが新しくもらえたような感じなり、「なんか儲かったぞ?」という感じになりました。

それから、仮想通貨が分岐するといううわさが出ると、その仮想通貨の価格が上昇するという事が起こっていたわけです。

しかし、金融庁への仮想通貨交換業者の登録後、分岐が行われても簡単に付与されなくなりました。

日本で最大手の仮想通貨取引所のビットフライヤーの場合、ビットコインキャッシュのあと分岐したビットコインゴールド以降、ビットコインは何度も分岐が行われましたが、現在のところビットコインキャッシュ以外付与されていません。

だからなのか、最近は分岐という話題が出てもビットコイン価格にそれほど影響していないのかなという感じでした。

しかし、今回イーサリアムの分岐が行われるかもという情報でイーサリアムの価格が上昇するという久しぶりの動きをしているようですね。

今後の仮想通貨の流れとしては、実用性というところが注目されてくるのではないかと考えています。

ビットコインは話題になり、バブルと言わるような急激な上昇を見せました。

しかし、その結果ビットコインは使えないという事が徐々にわかるようになってきました。

ちょっと前までは、ビットコインの魅力というと世界中どこへでも送金手数料がほとんどかからない。銀行に預けなくても安全に保管することができる。といったところでした。

ですが、ビットコイン価格が上昇するにしたがって手数料が高くなり、銀行から送金したほうのが良くなってしまいました。

また安全だと思われていた保管ですが、ビットコインではなく仮想通貨取引所のセキュリティ次第でビットコインが失われることもあるという事が露呈してきました。

さらに、ビットコインに人気が出て取引量が増加するにしたがって、以前よりも容易に送金などができなくなってきたなどの問題が見え始めました。

さらにさらに、その取引量増加の問題を解決しようとシステムの見直しをしようとしたところ、ビットコイン関係者の利害の不一致で内部分裂のようなことが起こるなど、ビットコインシステムへの不安も出てくるようになりました。

というわけで、ビットコインが人気とともに徐々に使い物にならなくなってしまっています。

いずれこれらの問題が解決されることもあるかもしれませんが、正直信頼性は落ちていると思っています。

そうなると、「じゃあ本当にこれから活用していける仮想通貨のシステムは?」と考えたところで該当しそうな仮想通貨の価格が今は上昇しているという気がしています。

それがイーサリアムやリップルといった仮想通貨なのかなと思っています。

まだまだ仮想通貨の世界はこれからできていくものであることは間違いないと思います。仮想通貨、とくにブロックチェーンの可能性を考えれば、今後使われることがなくなるような技術でないのは確かだと思っています。

バブルと言われれば、確かにその通りなのだと思いますが、まだまだ可能性があるものであることも否定できないです。

つまり、まだまだバブルはこれからだという考え方も一理あると言えるのかも?

田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000