とびきり良い会社をほどよい価格で買う方法 (ウィザードブックシリーズ) (チャーリー・ティエン)

『ほどよい会社をとびきりやすく買うよりも、とびきり良い会社をほどよい価格で買いたい』

バフェットがよく言ってる言葉です。

この言葉がどんな意味を持っているのか、この本は、まさにそのことを本当によく説明している本です。

「いい会社を安く買いたい」とは、個人投資家の誰もが考えることです。しかし実際には、「いい会社をそこそこの価格で買おう」というスタイルで十分なんだということがよくわかります。

まず、株式を購入する時の第一の条件は、『優良な企業であること』ということがわかります。

株価というのは、企業が利益を稼ぐこと、つまり企業が成長することで上昇するもの。

企業が成長すれば、自動的に株価は上昇する。今日より明日、今年より来年、今より10年後、そうやって成長を続ける企業に投資をする場合には、とびきり安い価格でなくても、程よい価格で買えていれば、いずれ必ず利益はでる。

そんなものだという事です。

つまり、株価よりも投資しようとする企業が『いい会社』かどうかの方が実際は重要なんだということがよくわかります。

じゃあ『いい会社』はどうやって見分けたらいいのか?

そのいい会社をみわけるポイントのいくつかをこの本では紹介しています。

株式投資の視点を変える。とてもいい本だと思いました。

この本で紹介されている『いい会社』のポイントは、ただ利益が伸びているからとか、いい事業を行っているからとかではなく、数字などを使った「定量的」なポイントから探っています。

「定量的」ということは、いい会社を見抜く特別な感性が必要になるわけではなく、誰にでも判断ができる材料から『いい会社』を見抜こうとしています。

そして、その「定量的」な判断から選んだ会社に投資した場合の統計的なデータも載せられていて、「なるほどね」と思わされます。

そのデータを見せられると、本当に『優良企業に投資すること』がいかに大事なのかを改めて考えさせられます。

本書の裏表紙に記載されている。『ウォール街のモメンタムウォーカー』を書いたウィスリー・R・グレイ博士の『野心的なバリュー投資家はぜひとも読むべきだ!』という言葉は本当のように感じました。

この本も、『モメンタム』という視点を私に持たせてくれた、とても参考になった本でした。

野心的なバリュー投資家として、この本を手に取ってよかったと思っています。

『とびきり良い会社をほどよい価格で買いたい』と本気で思いました。

0コメント

  • 1000 / 1000