良い会社を選べば株式投資は儲かるのか?

良い会社を選べば株式投資は儲かるのか?

結論から言えばその通りだと言えるでしょう。

株式投資のリターンが何から生まれているのかと言えば、ほとんどのケースでその企業が稼いだ利益です。

下のグラフは、そのわかりやすい例です。


(花王の株価と1株当たり利益の推移)


株式の価値の一つして、企業の純資産という考え方があります。

純資産とは、企業が保有している現預金や不動産、有価証券などの資産から負債を差し引いたもののことで、つまり会社が営業をやめて、負債を整理した後に手元に残るお金とも言えます。

実は、この会社が解散(事業をやめ会社をたたむ)して残ったお金はすべて株主のものとなります。これが「残余財産分配請求権」という株主の権利の一つです。

これが何を意味しているかというと、企業がいますぐ事業をやめ解散したとしても純資産を株主どうしで分け合うことになるのであれば、純資産価格以下の株価にはならないだろいうことが考えられるわけです。

ということは、純資産が増えれば株価はそれとともに上昇すると考えられることになります。

会社の純資産が増えるためには何が必要か、それが利益というわけです。

だから企業の利益が株式投資のリターンの源泉だと考えられるわけですね。

さらに、企業の利益が毎期のように増加していくことが見込まれるのであれば、純資産価格プラスαで株式が取引される。これが理論的な株価ということになります。

つまりは、企業が利益を増やしていけば、株価はそれとともに上昇するはずと言えるわけなので、「良い会社を買えば、株式投資は儲かる」というのは正解だと考えられます。

ただ、実践するにあたっては、「いい会社なのかどうかをどうやって判断する?」という問題が出てきます。

「良い会社を買えば株式投資は儲かる。」言葉にするのは簡単です。

ですが、「間違えることなくいい会社を買うことができるのか」は、また別の問題です。

実は、「いい会社を買えば株式投資は儲かる」をやろうとすると、その銘柄に長期投資、つまり一度買ったら数年単位で持ち続けるようにしないと、ほとんど効果は得られません。

つまり、「良い会社」だと思ってその会社の株式を買っても、長年持ち続けた結果、「あまりいい会社じゃなかったな」というリスクもあるわけです。

これが「いい会社を買えば株式投資は儲かる」の欠点です。

長年投資し続けた後に、「いい会社じゃなかった」と気づいてしまったら、その長く保有していた期間という機会損失が発生することになるからです。

株価が上昇しなかったけど、下がりもしなかったならまだましですが、もし下がり続ける中持ち続けてしまったらどうでしょうか?

これだと、なかなか修正が効かなくなってしまいますよね。

「いい会社を買えば株式投資は儲かる」は本当だし、シンプルであるがために、誰にでもできるような気もしてきますが、実はそこには大きなリスクもあるということも認識する必要があるわけです。

だからこそ、たとえ「いい会社」だと思っても、分散投資が必要になってくるのです。

0コメント

  • 1000 / 1000