AIを使うことで、効果的な資産運用ができるのだろうか?

身の回りにAI関連の投資が増えてきましたね。

①AI関連企業に投資する投資信託、②AIを利用して自動で資産配分を行い運用をする仕組みを作ったもの。他には③AIで経済や相場環境を見極め、的確に投資を行っていくというもの。などなど。

①のAI関連企業に投資をする投資信託というのは、まさにテーマ型の投資信託ですよね。ただテーマ型の投資信託には手を出さない方がいいというのはよく聞く話です。

②のAIで自動で資産配分は、よくロボアドバイザーと呼ばれるものですが、これについては今までにも何度か触れてきています。

いわゆる過去の資産価格の値動き、つまりリスク(ボラリティ)を算出し、それとともに資産同士の相関関係を調べ、リスクを相殺するようにポートフォリオモデルを作る。あとは、その通りに自動で売買されるようにするというものです。この場合、過去のデータの抽出が適切かどうかが課題です。

過去のデータをとっても、市場には例外が起こることがあると言われています。実際に、ブラックマンデーが起こる確率を算出すると、地球が誕生してから数えても起こりえないような確率になると言われています。

データというのは、使いやすいように加工されていることがあります。例えば、先ほどの例外のような出来事というのは、切り捨てられたりしているものです。

つまりは、AIですべてを計算しているように思えても、実際には計算できる範囲でしか機能していない可能性もあるわけです。

③の経済環境や相場環境をAIで見極め、投資を行っていくタイプですが、これはインターネットなどにあふれている情報を広い、投資のチャンスを探したりしていくといったものです。

これはなんか凄そうな気がしてきます。こんなことが本当にできるとしたら、投資信託を運用しているファンドマネージャーなどは必要なくなってしまうのではないか?、自分で銘柄を選択して投資するなんてこともしなくてよくなるのでは?などと思ってしまいます。

しかも、人ではなくプログラムで売買することは、投資で失敗を犯しやすい人の心理というものが介在することがなくなるのでそこも大きなメリットです。

なんとも期待感のある話になってきます。

ですが、AIはそこまで万能なものではないようです。

上の書籍では、AIの仕組みと限界、そしてAIができることで世の中にどんな影響がでてくるのだろうかということについて筆者なりに考えていることが書かれています。

この本の中で、AIには絶対にできない領域があると説明しています。それが何かというと、「考える」ということです。つまり推測したり、一つのことを拡大して認識したりといったことができないという話です。

例えば、「金利が上昇」という言葉から、人は「債券価格はどう動いているのか?」とか「債券が売買う人よりも売る人の方が多いのか?」「いったい誰が主体になって売っているのか?」「中央銀行が何かしたのか?」「どこかの国で財政が問題が起きているのか?」「今後の景気への影響は?」「信用残高はどうなっている?」とかいろんなことを連想するわけですが、AIでは、インターネットで検索するように「金利␣上昇」で検索して一番多く出てくる言葉などを拾うといったことしかできないという事のようです。

これでは、今のAIではどこまで投資で通用するのかな?と疑問に思わなくもありません。

また、AIはどうやってデータを抽出するのかを教える先生(人)が必要だそうです。つまり、その先生が優秀かどうかがAIの頭の良さに関係してくるとも言っています。

これはつまり、優秀なAI投資家を作るためには、優秀な投資家が教えないといけないという事になるように思われますが、投資家にAIをプログラムするような数学的知識があるかどうかは微妙な気もします。

ここもまたAI投資家の疑問点です。

②の時にも出てきましたが、市場は例外が結構頻繁に起こるものです。そしてその例外をいかに乗り切るかが投資家の運用成績を決める大きな要素にもなっています。

投資家として財をなしたジョン・P・ケネディが靴磨きの少年が株式投資の話をしてきたことに違和感を感じて、その後の世界恐慌のきっかけとなった大暴落(ウォール街大暴落)を回避できたという逸話がありますが、こういう直感的な反応というのは、まさにAIの不可能分野だそうです。

こういったことを考えると、AIに著名投資家のような運用は絶対に不可能とは言えないのかもしれませんが、現時点ではまだまだなのだろうなと思うところです。

先ほどの本の中で、AIはコストを削減する事に関してはとても優秀だが、価値を生み出すことには向いていないという話もありました。

AIという言葉が投資の世界で少し先行してしまっているようにも感じますが、個人的にはAIが投資をどれだけ効果的に行えるのかは、まだまだ未知数と思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000