株式投資で投資初心者が失敗しない3つの法則

投資初心者が株式投資で失敗しないコツとは?

法則① 『株式投資で、成功しようと思わないこと』

株式投資を始めるのに、成功しないようにするなんて、話が矛盾していないですかと言われそうですが、株式市場では「成功しないように考える」ことがコツだったりするものです。

株式市場に相対した時に、まず考えるべきは、『負けないように』です。

「負けないように」というのは、損失を出さないようにという意味ではなく、株式市場全体の平均的な成績から「負けないように」という意味です。

具体的には、株式市場の趨勢を調べるために使われている指数である日経平均株価やTOPIXなどといった数値が目安になります。

株式市場というのは面白いところで、「勝つ」ことを意識するよりも「負けないことを」意識していた方が、最終的には買っているということが多いものです。

そして最大のポイントは、数年から十数年に一度あるかないかの、大暴落。それまでの利益を帳消しにするような「ちゃぶ台返し」を回避できるかどうかが、株式市場で大きなリターンを得られるかどうかの大きな分岐点になったりするものです。

とはいえ、その「ちゃぶ台返し」を回避することが困難なことも確かなので、実際には「そういうこともある」ということを頭に入れて、投資戦略を考えていくということが大切になってきます。

日経平均などに連動するインデックスファンド(投資信託)を毎月定額で買っていくという投資戦略がよく勧められているのは、株式市場の平均以下のグループに入らないようにすることと、株式市場の「ちゃぶ台返し」を乗り切るということを、比較的簡単に実行できるからだと言えます。

法則② 『必ず複数の銘柄に分散投資』

株式投資に限らず、投資というものを行う上で、基本ともいえるのが『分散投資』です。

なので、株式投資をするにあたっては、必ず複数の銘柄に分散投資をしましょう。

株式投資は、毎期利益が増えていくような優良企業の株式を保有して入れば、ほぼほぼ確実にリターンをもたらすものと言えます。ですが、その優良企業を確実に引き当てられるかどうかが怪しいのも株式投資です。

「優秀な会社なんて、今すぐでもいくつか思い当たるところがあるよ?」と思うかもしれません。ですが、その会社が10年後も20年後も優秀でいられるかどうかは、ある意味運による要素が多いとも感じています。

10年以上持ち続けられるような優良企業にだけ投資をすると言っている投資の神様ウォーレン・バフェットだって、銘柄選択で間違えることは結構あります。

それほど、優良企業に投資をするというのは難しいという事です。そのため、優良企業を見分ける確率を上げる努力をし、あとは運をつかむために複数の銘柄に投資をして投資した銘柄全体での利益を考えていくという姿勢が必要です。

法則③ 一括で投資せず分割して投資する。

株式投資を始めようと考えた時、投資資金として100万円を用意したとします。すると、この100万円でどこに投資をしようかなと考えてしまうかもしれません。

ですが、100万円を用意した場合には、まずいくらづつ何回にわけて投資をするかを最初に検討します。

具体的には、30万円ずつ3回に分けて投資をするといった感じです。(10万円のこりますが、これに関しては、現金として取っておくや最後の3回目を40万円にするなどで対応する。)

なぜ分割するのか?株式市場というのは値動きの激しいリスクの高いところです。ちなみにリスクとは不確実性のことを言い、どうなるかわからないというものです。

株式投資でうまくいくためには、「安く買って高く売る」が絶対に必要なことです。そんなことはあたりまえだと思うことでしょう。言われてみれば当然です。

ですが、それをどうやって実行したらいいのでしょうか?

そんなことは誰にもわかりません。わかればその人はとんでもない資産家になっていることでしょう。

なので「安くなって高く売る」ができないのであれば、せめて「高値掴み」つまり必要以上に高く買うことだけは避ける方法をとらないといけません。

その方法の一つが、分割買いという方法です。

もし1回目で高値で買ってしまったとしても、下落した時に買い増せるようにして、平均購入単価を引き下げるわけです。

そういうのを「ナンピン」といい、やってはいけないことと説明している人もいますが、短期売買でなく、優良企業への長期投資という投資スタイルの場合には、むしろ積極的に行う方法とも言えます。

とにかく、分割買いを行うことで、「どうなるかわからない」というリスクを少しでも減らそうというわけです。

以上が株式投資でうまくいくために抑えておきたい3つの法則になります。

田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000