最近人気が薄れてきた?仮想通貨の今とこれから。

最近、あまり話題にならなくなってきた?ビットコインなどの仮想通貨。

今は、どうなってしまっているのでしょうか? また、仮想通貨投資は今後、どうなると予想されているのでしょうか?

昨年の仮想通貨は話題に事欠かない、大盛り上がりでした。

仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインは、まさにバブル相場と言える上昇となり、年初から10倍、20倍という値上りを経験しました。

それとともに、アルトコインといわれる、ビットコイン以外の仮想通貨も、一緒に値上がりし、何のために登場したのかわからないような仮想通貨にまで値が付くような状態となりました。

まさにバブルでした。

しかし、バブルはいつか弾けるという言葉の通り、今年に入ってからは一気に値下がりし最高値の半値以下に落ちています。

きっかけとなったのは、仮想通貨取引所であるコインチェックのネム(仮想通貨)流出事件によって、580億円というとてつもない損失を投資家に与えたことでした。

しかし、コインチェックは、その580億円という投資家の損失をすべて補償してしまったというのですから、そのニュースにも驚かされました。

創業数年ぐらいの会社が、何百億円もの損失をカバーできるほどの利益を出してきていたわけですからね、仮想通貨取引所とは、そんなに儲かるものなのかということが改めて分かったわけです。

といった感じで、仮想通貨関連の隠された?部分が徐々に明るみに出てきたことによって、仮想通貨の人気が落ちてきたといった感じでしょうか?

とにかく、今の仮想通貨を取り巻く環境は、昨年の状況とは打って変わって、あまり活気がないように感じます。それを反映してか、価格もどんどん下落し、ビットコインの価格は、昨年末に200万円を超えたところから、今では、70万円ちょっとのところにいます。

そもそも仮想通貨ってなんなのか?

仮想通貨の根幹となっているブロックチェーンという技術がありますが、実は、仮想通貨よりもこの技術がかなり有望とされています。

この技術を使えば、登記などの手続きが簡単になる。企業の事務コストが削減でき、さらにシステムなどにかかるコストも減らせる。などといった数々のメリットが考えられます。

そして銀行や通貨もいらなくなるのではないか?と期待されたのが、仮想通貨だったのです。

ですが、通貨とするにはいろいろと問題があることもわかってきました。

取引量が増えた時に、その取引処理の速度に問題がでてきたり、低いコストで送金できるはずだったのに、処理量が増え、また仮想通貨の価格の上昇で、全然低コストではなくなってしまったりといったことが出てきました。

また、コインチェックのネム流出事件のようにセキュリティも問題視されるようになってきました。

ですが、この辺の問題は仮想通貨のシステム見直しができれば解決できなくもない話です。

一番の問題は、通貨を発行している国が、通貨の代わりとなろうという存在を、そのまま放置することができるのかという点です。

通貨を発行するというのは、とても大きな利益であり、強力な力でもあります。簡単に手放せるものではないでしょう。

また通貨の発行量(流通量)をコントロールすることによって、ある程度景気をコントロールすることも国は行っているので、政策的にも、ビットコインなどを通貨だと認めることは、ほぼないような気もします。

そんな中、今後の仮想通貨はどうなっていくのだろうか?

基本的に通貨となることは、難しいのではないかと思っています。ですが、資産として生き残る可能性はまだあるのかもしれません。

SBI証券などを子会社に持つSBIホールディングスの北尾氏が「このマーケットは将来、40兆ドル(約4400兆円)になるという人もいる。ぼくも、これから10年でこの半分は行ってもいいんじゃないかと思う。どう考えても、これから仮想通貨がポシャる可能性はない」と言っていたそうですが、個人的にもこの見通しに同調できると感じています。

というのも、昨年のビットコインバブル。その後のバブル崩壊となったわけですが、下落したと言っても、昨年年初にビットコインを買っていた人は、いまだに7倍近い含み益となっているはずです。

つまり、完全に仮想通貨が崩壊したとは言えない気がしています。

むしろまだまだ高値にいると言えるのかもしれません。

つまり、仮想通貨の価値が自然にここからゼロになるというようなことは、とても考えられないと思っているわけです。「自然に」というのは、政府や法律で仮想通貨0みたいな規制がなければという事ですが。

だとしたら、価格が底を打てば、逆にまた上昇し始めることもあるかもしれないと考えています。

相場とは、下落と上昇を繰り返すものですから、下落があれば上昇もある、そういうものだと思っています。

価値が0でなければ、価格は上げたり下げたりを繰り返し、不思議と妥当な価格に落ち着くというのが、自然の流れです。

仮想通貨に対して、強気でもないし弱気でもない。でもなんとなくまだ可能性がありそうだなというのが今の感覚でしょうか?

ある意味、最初にビットコインに手を出した時の感覚に似ている、今はそんな環境なのかもしれませんね。

田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000