10月1日から株式の売買単位が100株に統一!投資家にとって何が変わる?

10月1日から全国の証券取引に上場している株式の取引単位が、すべて100株になります。

取引単位が統一されることは、投資家にとってどんなメリットがあるのでしょうか?

取引の単位が100株に統一とはどういうことか?

今までは、ある企業の株式を買う時に、100株単位で売買している銘柄もあれば、1000株単位で取引している銘柄もありました。

どういうことかというと、一般的に株価と言われているもの、○○会社の株価は?などといった時は、1株の価格を指していました。

ですが、売買をする時は1株単位で売買するのではなく、最低取引単位というが企業ごとに違っていたわけです。

実際に企業の株式を買う時には、株価×最低取引単位、以上の金額が必要だったわけです、つまりニュースなどで目にする株価と実際にその企業の株式を購入するときの金額は、違ってくるわけです。

例えば、A社の株価が1200円だとした場合。

仮にA社が取引単位を100株としていた場合は、120,000円以上のキャッシュが必要になり、もし1000株を取引単位と設定していた場合には1,200,000円以上必要ということになっていたわけです。

さらに、100株が取引単位の銘柄を100株以上購入したい時には、100という数字が取引”単位”なので、次は200株になります。

これはつまり、先ほどのA社を基に考えると、120,000万円以上A社に投資したいとなると、次は240,000円になるわけです。

そうなると、取引単位が小さければ小さいほど、小口の投資家にとっては投資しやすい環境になってくるというわけです。

分散投資を行う上で、細かく投資額を設定できた方が、理想に近いポートフォリオにすることができるということですね。

そういった意味でも、今回の100株に統一というのは、小口の投資家にとっては、1000株以上でないと取引できなかった銘柄も投資先として検討することができるようになるので良かったのかなと思います。

ただ米国では、最低取引単位は1株となっているので、より一般家庭などでも投資がしやすい環境になっているというわけですね。

実は、国内の株式でも1株単位で取引することは可能です。

いわゆるミニ株や、S株、単元未満株と呼ばれているものです。

こちらの制度を利用すると、1株単位での購入ができます。

ただ、売買手数料が割高であったり、購入する価格が注文した時の時価ではなく、その日の終値であったりするなど、デメリットが多々ある取引なので、原則通り取引単位で取引することが基本になってくるかと思います。

最近増えている株主優待目的の株式投資でも、最低取引単位以上の株式を保有する必要があります。

取引単位が小さくなれば、株主優待も受けやするなるかもしれません。

でも、一番のメリットは、わかりやすくなったということだと思います。

株価を見て、この企業の株式を買いたいと思って注文画面を開いたとき、100株単位で取引できればと思って注文画面まで行ったのに1000株単位でした、なんてことになると、投資できないときがあります。

なんといっても、購入金額が想定の10倍ですからね。仕方ありません。

ですが、これからは株価を見た時に、購入資金としていくら必要なのかを知るのが楽になります。

「株価×100」です。

取引単位をいちいち気にする必要がなくなりました。

できれば、米国みたいに1株単位で取引できると一番いいのでしょうけれど、まだそこまでは求められないのかな?





田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000